スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンテロープキャニオン 

3月15日(木)
アンテロープキャニオンのフォトグラファーツアー(11:30)に参加した後
グランドキャニオンへ向かいました。

我が家がこの旅で最も楽しみにしていたのがこの日のツアーなのデス。

では、そのアンテロープの事ね。
アンテロープはUpperとLowerがあって、このツアーはUpperの方。

で、ここ↓がアンテロープ。
7-3-20-1.jpg
アンテロープは湖と湖の間にある渓谷で、
水の力によって浸食されて出来上がっているんだけど、
普段は水が無いのね。
でもガイドブックによれば、『上流で雷が鳴っただけでもツアーが中止になる』とか…。

人が1人通れるくらいの場所もあれば、広い所もあって、
何ともいえない、不思議なカーブが沢山あって、
アンテロープの赤い壁が、太陽の光によって微妙に色が違って見えて
とっても美しいのです。
7-3-20-2.jpg

で、我が家の参加したのは、普通のツアーでは無くて
『フォトグラファーツアー』11時30分~14時まで、たっぷりアンテロープを楽しめる。
それだけでなく、写真を撮る良いポイント、時間、アングル、を教えてもらえる。

この↓写真も、ちょうど光が地面にまで差し込む時に
7-3-20-3.jpg
この場所に案内され、この方向からが良いとか、
光が良く分かるように、砂埃をちょっと立ててくれたりとかしてるのね。
この写真だけ見ると、ツアーの人が少なそうに見えるけど

こんな↓感じでけっこう人も多い。
7-3-20-4.jpg
写真に人が入らないように、みんなで声を掛けながら写真を撮ってるんだ。

で、一通り渓谷の一番奥まで行った後は
帰りの時間までフリータイムで、好きな所で好きなだけ写真を撮る。
7-3-20-5.jpg
アンテロープでこれだけしっかり写真を撮れて、ゆっくり見れて、大満足でした。

*** *** *** ***
アンテロープキャニオンまでは、お店からこの車で入り口まで行けます。
7-3-20-6.jpg
 『Antelope Canyon Tours』

*********
実は、この日のツアー、間違えて前日の14日で取ってしまっていたの!
それに気づいたのが14日の夕方で、大慌てでお店に行って変更をお願いしたのよー。
激込みのシーズンでは無かったので15日のツアーにも空きがあり
料金も取られる事なく無事に変更出来たの。
良かったよぉ。
これが見れなかったら、ホント、泣いてた所だよ。

スポンサーサイト

Glen Canyon National Reareation Area 

3月14日(水)
モニュメントバレーから3時間程でPageの町に到着。

まずは、Hoseshoe Bendへ行った。
駐車場から10分くらい歩いたかなぁ。Hoseshoe Bendへ到着!
コロラド川が馬蹄形になっているのよ。
7-3-19.jpg
前日に見たグースネックも迫力あったけど、こっちの方が強烈!!

川辺でキャンプをしている人がいたけど、どうやって行ったんだろう…?
7-3-19-1.jpg
船で行ってドロップしてもらったとか?

ココで、母1人子1人の日本人の親子に会った。
お母さん、宿は行き当たりばったりで、1人車を運転して旅をしているらしい。
この日はこれから、モニュメントバレーに行くと行っていた。
格好良い~っ!!

*** *** ***
その後はグレンキャニオンダムを見学して、
Wahweapのビューポイント↓でランチ。
7-3-19-2.jpg
この湖、レイクパウエル。

『Glen Canyon National Reareation Area』にあるのね、
で、ナショナルパークパスが使えるのだけど、
ゲートに人が居なくてパスの提示もせず、素通りできちゃった。

猿の惑星などの撮影場所で、とってもキレイよ~。
とお友達から聞いていたので、楽しみにしていたんだ。

湖だけに、クルージングなどのツアーに申し込んだ方が楽しめるのね。
我が家は時間が無いので、今回は見るだけだけど。

でも、こうちゃんは『猿の惑星だよぉぉぉぉぉっ!』って喜んでましたョ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。