スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Furnace Creek Ranch 

デスバレー滞在中、我家が宿泊したのは
『Furnace Creek Ranch』
6-4-26-4.jpg

ここは、レストラン、ストアは勿論、ゴルフ場あり、プールあり。
6-4-26-2.jpg
ちゃんと水撒きされているので、芝生も緑で、お花も咲いている。
6-4-26-3.jpg
まさに、砂漠の中のオアシスという感じ。

プールがあるなんて思ってないから、水着なんて持参してないよぉ。
(ちなみに、ストアで水着を売っていました。)
こうちゃんは、かなり悔やんでおりました。

*** *** *** ***
おまけ…

こんな事した人、誰ですかー!?(私達じゃないですョ)
6-4-26.jpg
どうみても、人の手に因ってつけられた跡。

でも、本物の跡を見てない人には
コレも本物に見えるのカモ?

スポンサーサイト

デスバレーの花達・・・② 

これは、公園内でよく見かけた木なのですが、
6-4-24-13.jpg
近づいてみると、黄色の花が咲いて、綿毛のようなモコモコが沢山出来ていました。
6-4-24-12.jpg


他に、公園内で見る事のできた植物は…
6-4-24-10.jpg


6-4-24-11.jpg


6-4-24.jpg


*** *** *** ***
デスバレーに到着するまでに見た花達は、
6-4-24-115.jpg


6-4-24-6.jpg


6-4-24-7.jpg

などなど…。
*** *** *** ***
園内でも、園外でも、花が沢山咲いていて、
ひどい暑さでも無く、良い季節に訪れる事が出来たのかな~。

デスバレーの花達・・・① 

花の季節のデスバレー
もう少し早い時期だと、↓こんな風景がみられるらしいのだけど、
6-4.jpg
我家の訪れた4月後半は、このピンクの花を見る事は出来ませんでした。
でも、色々なお花を見る事が出来ましたョ。

小さな黄色のお花の道。
6-4-24-9.jpg

これらの花も、一種類では無くて、いくつかの黄色の花があり、
6-4-25.jpg


6-4-24-2.jpg


6-4-24-3.jpg


写真↓では、けっこう大きいけど、
6-4-24-5.jpg
車から降りてみなければ気づかないような、小さな小さな花や、

ピンクや紫の花。
6-4-24-4.jpg


6-4-24-8.jpg


6-4-24-1.jpg

どれも、みんな小さめの、可愛らしい花達でした。

デスバレーの旅 4日目 

デスバレーから、我家まで8時間くらい掛かるので、
最終日は、Salt Creekに寄った後は、まっすぐ帰る事にした。

ソルトクリーク(Salt Creek)
6-4-23.jpg
ココには、デスバレーにしか居ない、「Pupfish」という小さな魚がいるんです。

「海水の5倍の塩分濃度」のこの小川は、
夏には38℃の温水になる事もあるらしいのだが、
そんな環境の中で、生きている魚。

コレもまた、Unbelievable なのだ。

ここには緑も沢山あって、小川もあって、鳥もいて、魚もいて、
デスバレーじゃ無いみたいでした。

デスバレーの旅 3日目 

22日に訪れたデスバレーの見どころ

まずは、Furnace Creek周辺を見て回り、
その後、Stovepipe Wells方面へ移動。

①ダンテスビュー Dantes View
6-4-22.jpg
標高1669mの展望台から、バッドウォーターを見下ろした所。
真っ白い所がバッドウォーター(-86m)デス。
ここに行くまでの道には、お花が沢山咲いていました。

②ザブリスキーポイント(Zabriskie Point)
6-4-22-1.jpg
黄色っぽい土が、太陽の光を浴びると金色に輝くらしく、日の出の頃がお勧めらしい。
でも早朝にとても起きる事が出来ず、昼間のザブリスキーポイントです。
右下に居るのは私。

③バッドウォーター(Bad Water)
6-4-22-2.jpg
ダンテスビューから見下ろしたバッドウォーターまでやってきた。

ココは昔、塩水湖だったのだそうだ。
本当に、真っ白の一面の塩。かなり眩しくてサングラス無しでは目を開けているのが大変。
右に居るのは写真撮影中のこうちゃん。

④悪魔のゴルフコース(Devil's Golf Course)
6-4-22-4.jpg
このゴツゴツは全て塩の結晶。
悪魔でなければ、ココでゴルフは出来ないであろう。という場所。

⑤アーティスツパレット(Artists Palette)
6-4-22-10.jpg
黄色、ピンク、紫、緑…の山。
鉱物とNaによって、色々な色が出来上がっているのだそうだ。
この山の中、上、歩く事ができました。

⑥Golden Canyon
6-4-22-9.jpg
名前の通り、ココも太陽が当たると金色に輝く。なので夕方がお勧め。
↑写真は、↓Golden Canyonの懐の中です。
6-4-22-7.jpg

*** *** *** *** 

朝9時ごろから、上の見所を順番に見て、回り終わったのがだいたい4時頃。
陽射しは強いし、色々歩き回ってるし、1600m~-80mまでを移動してるしで、
頭痛も少しあり、ちょっとバテ気味。

一旦、部屋に戻って休憩。

5時30頃から、Stovepipe Wells方面へ、再び行動開始!

*** *** *** ***
悪魔のコーン畑(Devil's Cornfield)
6-4-22-11.jpg
雨が降ると湿地になる場所にある、Arrowweedという植物。
生き延びるために、根元が盛り上がっているのだそうです。

⑦砂丘
6-4-22-8.jpg
早朝や夕方がお勧めの場所。
この日、日没は7時30分。でも山の陰に太陽が隠れるのはもう少し早い。
一応夕陽を砂丘で見たのだけど、良い写真が撮れず…。

砂の作る丘がいくつも重なりあって、とてもキレイな場所でした。

デスバレーの旅 2日目 

21日に訪れた、園内の見どころ

①レーストラック Racetrack
昔は湖だった所が、干上がってしまっているココでは
6-4-21.jpg
↑石が動いている、というのです。
何故、石が動くのか?という事については、ハッキリと分かっていないらしい。

デスバレー国立公園の北西にある レーストラック
けっこう時間が掛かるし、道も悪いし、

「干からびた大地に石が転がっているだけの所、行くか? 止めるか?」
と、実は悩んだのだけど、行って良かった。

『何なの、この跡は…。
宇宙人からのメッセージなんじゃない?
この石にさわったら、何かいい事あるかも?さわっておこう~♪』

なんてバカ会話をしながら、摩訶不思議な世界、興味深かったデス。

この動く石の殆どは、湖の南の端の方にあります。

*** *** *** ***
②Ubehebe Crater
6-4-21-1.jpg
レーストラックから、Furmace Creek へ向けて車を走らせていたら、
突然目の前に大きなクレーターが現れて、ビックリ!
風がものすごく強くて、飛べそうなくらいでした。

*********
21日の移動
Lost Hills~46号~99号~Bakersfield~58号~14号~395号~190号~
Saline Valley RD(かなりの悪路)~Racetrack
Racetrack Vakkey RD~Ubehebe Crater
190号~Furmace Creek Ranch

デスバレーの旅 1日目 

4月20日(木)~23日(日)
3月~4月のデスバレーはお花の季節。という話を聞いたので、
花の咲くデスバレーを見に行く事にした。

***  ***  ***  ***

4月20日(木)
夕飯を食べた後、23:30頃、我家を出発。
出来る限りデスバレーに近づこうと、5号を南下する。

木曜の夜だし、宿泊予約をしなくてもすぐに空き部屋が見つかるだろう。
と思っっていたのだが、考えが甘かったようだ。

行く宿、行く宿、満室。
6軒目に訪れた、Lost Hills の『DAYS INN』に空き部屋があり
3時過ぎ、ようやくベッドで休む事が出来た。
フリーウェイ沿いの宿なので、けっこううるさくて、こうちゃんはあまり眠れず。。。

『DAYS INN』
6-4-20.jpg
朝食(ドーナツ、コーヒー、紅茶)が用意されていた。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。